×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供遺伝子検査のリスク

子どもの遺伝試験で才能がわかる!?


この子はどんな秀でた才能をもっているのか…。 それは親であれば誰もが気になるところ。

どんな才能を持っているかは成長する過程において次第にわかってくるものでした。
ところが、ここ最近では生まれ持った才能がどういったものなのか検査である程度の解析が可能となってきています。

その検査では、人を構成する根本的ものである、遺伝子を使って解析していきます。

遺伝子検査によって解析できるのが、遺伝子情報である「ゲノム」、「知能」、そして「指数」です。
遺伝子の中でも集中力や記憶力など、それぞれの役割に関係する遺伝子を調べて、どれが一体どのような能力へと繋がっているのか…それがある程度の範囲でわかるというのですからすごいものですね。

遺伝子検査をして子どもの能力を調べる目的は、育児・教育面からがほとんどです。
優れている分野を集中的に育てる事ができるのですから、まさに英才教育ともいえるものです。
「才能を伸ばすためには、どうしたらいいのかわかっているほうが手っ取りはやい」ということでしょうか。

ただ、それも100%良いものとは言い切れません。
子どもはさまざな経験を積んで成長していくものですから、一見関係がないようなことでも、子どもにとっては大きな肥やしとなることもあるのです。
あまり過信しすぎると、それを奪ってしまうことにもなりかねない危険性があるといえます。

また、必ずしもその結果どうりに高い才能が発揮されるかどうかも不明です。
遺伝子検査は、あくまでも可能性を読み取るもの…ぐらいのスタンスのほうが、無駄なリスクを背負う事がないのかもしれません。

トップへ戻る